イーシティさいたま 記事ページ

特別展「うんち・糞・フン〜ダンゴムシからゾウまで〜」

うんち(糞)に興味はありますか?何種類の動物の糞を御存知ですか?
糞は動物の種類によって、さまざまな形や大きさをしています。
糞の中身は動物の食べ物の情報が満載です。食べ物によって色も変わります。
また、糞からどの動物が残したものか、どこに現れたのかがわかります。
たくさんの糞の形や大きさなどを観察して、糞博士になりましょう。

【展示内容】
1 100種類を越える糞を展示!
哺乳類を中心とした動物の糞をご紹介!東武動物公園様、埼玉県こども動物自然公園様にご協力いただき、100種類を越える糞を集めることができました。是非、この機会にいろいろな糞を観察して比べてみてください。

2 タヌキのトイレを再現!テンのはいせつ中のはく製が登場!
タヌキは家族単位で「ため糞」と呼ばれるトイレを利用します。このため糞を再現し、タヌキのはいせつの様子を紹介します。

3 グルメな糞虫たち
糞虫やフンコロガシは糞を食べるコガネムシの仲間です。そんな糞虫たちのユニークな生活を紹介します。キラキラと輝く体や、実際にフンコロガシが転がしていた糞玉をご覧ください。動物によって食べ物の好みが違うように、糞虫たちにも糞の好みがあるのでしょうか?
そんな糞の利用についても紹介します。

4 化石にも残る糞
なんと、うんちの化石があるのです!「本当に糞?」と思うものから、「なるほど糞だ」と思うものまで化石の残り具合はいかほどでしょうか?皆さんのうんちもいつか化石になる時がくるのでしょうか…

5 糞の研究の話
糞は「くさい」、「汚い」と敬遠されがちですが、その中身を調べてみると、食べたものから動物の生態を知ることができます。そんな、重要な情報が詰まっている「糞」をじっくり見てみましょう。

学芸員が特別展の見どころを解説します。
日にち:7月12日(日)、7月28日(日)、8月12日(水)
時 間:毎回13:30〜14:00

◯開催期間 平成27年7月11日(土)〜 8月31日(月)
 開館時間 9:00〜17:00 
 休 館 日 期間中無休

このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックすると元画像が表示されます)
開催場所 埼玉県立自然の博物館
主催団体 埼玉県立自然の博物館
TEL 0494-66-0407
URL http://www.shizen.spec.ed.jp/
団体分類 行政
地域大分類 秩父地方
地域小分類 秩父郡長瀞町
対象ステージ 少年・少女

−ブログパーツ−

自分のブログに貼り付けて紹介することができます。コピー&ペーストでご利用ください。

テキスト フレーム

このニュースをモバイルサイトで見る

特別展「うんち・糞・フン〜ダンゴムシからゾウまで〜」

http://ecity.ne.jp/i/article/index.aspx?k=1747

PR

−地図情報について−

イーシティ埼玉では、無料情報表示に Google Maps のAPIを使用しています。

そのため、表示された場所が、市街地で1ブロック程度、山間部で数百m程度、実際と異なることがあります。

正確な所在地は、記載された連絡先にご確認ください。

より正確な情報提供に努めておりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント(0)  平均評価(0)

この記事へコメントする

評価
お名前
(25文字以内)
コメント
(1000文字以内)
認証

画像に表示されている文字を入力してください。

画像認証

(大文字と小文字は区別されません。)