イーシティさいたま 記事ページ

埼玉県立近代美術館「植田正治写真展 写真とボク」

砂丘を舞台に数多くの傑作写真を生み出し、日本のみならず世界の写真史上に独自の足跡を残した植田正治(1913-2000)。時代の潮流であったリアリズム写真運動に与することなく、終生、生まれ故郷の山陰にとどまって「写真する」歓びを追求しました。そのモダニズムあふれる作品は、海外でもUeda-cho(植田調)と称され、国外でも最も人気高い日本人写真家のひとりとなっています。

青年期に西洋アヴァンギャルドの洗礼を受けた植田正治は、地元で写真館を営む一方、制約なしに自己の表現を追求するアマチュア精神を貫きました。自宅近くの砂浜に家族や身近な人々をあたかもチェスの駒のように配して撮影した<演出写真>の緊密な構図はもとより、70歳から取り組んだファッション写真「砂丘モード」シリーズや、その後の福山雅治のCDジャケット撮影などによって、脈々と築きあげられた写真世界は世代を超えたファンの支持を集めるにいたりました。素朴な身の回りの風景や事物に徹しながらも、その写真は風土性や時代を超える普遍性をたたえており、見る者に新鮮な驚きと深い感動を呼び起こしてやみません。

2010年は植田正治の没後10年にあたります。日本ではじめての大規模な巡回展となる本展では、植田正治の代名詞ともいえる砂丘を舞台にした作品から、再評価の契機となったファッション写真まで、初期から晩年にいたる代表作約200点を展示し、その表現世界に迫ります。故郷・鳥取県の植田正治写真美術館のコレクションに加え、没後発見されたネガによる初公開作品も見のがせません。


■ 植田正治写真展 写真とボク

2010年12月日(土)−2011年1月23日(日)
休館日=月曜日(1月10日は開館)/12月27日-1月3日(月)/1月11日(火)
開館時間=午前10時-午後5時30分(入場は閉館の30分前まで)
観覧料=一般800円(640円)/大高生640円(520円) ()内は団体20名以上の料金。
中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方は無料です。

MOMASからクリスマス・プレゼント!○12月23日-26日の期間、ペア割引券を発売します。
一般2枚で1600円→1200円/大高生2枚で1280円→880円/一般と大高生各1枚で1440円→1040円
ただし他の割引と併用はできません。

主催=埼玉県立近代美術館
協力=鳥取県伯耆町立植田正治写真美術館/植田正治事務所/JR東日本大宮支社/FM NACK5/伯耆町観光協会
協賛=株式会社ニコン/株式会社ニコンイメージングジャパン/富士フイルム株式会社/文化堂印刷株式会社
企画制作=クレヴィス


埼玉県立近代美術館
〒330-0061
さいたま市浦和区常盤9-30-1
電話 048-824-0111
http://www.momas.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックすると元画像が表示されます)
開催日時 2010年12月日(土)−2011年1月23日(日)
開催場所 埼玉県立近代美術館
主催団体 埼玉県立近代美術館
担当者 埼玉県立近代美術館
TEL 048-824-0111
URL http://www.momas.jp/
団体分類 企業
地域大分類 さいたま市
地域小分類 さいたま市浦和区
対象ステージ カップル

−ブログパーツ−

自分のブログに貼り付けて紹介することができます。コピー&ペーストでご利用ください。

テキスト フレーム

このニュースをモバイルサイトで見る

埼玉県立近代美術館「植田正治写真展 写真とボク」

http://ecity.ne.jp/i/article/index.aspx?k=1229

PR

−地図情報について−

イーシティ埼玉では、無料情報表示に Google Maps のAPIを使用しています。

そのため、表示された場所が、市街地で1ブロック程度、山間部で数百m程度、実際と異なることがあります。

正確な所在地は、記載された連絡先にご確認ください。

より正確な情報提供に努めておりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント(0)  平均評価(0)

この記事へコメントする

評価
お名前
(25文字以内)
コメント
(1000文字以内)
認証

画像に表示されている文字を入力してください。

画像認証

(大文字と小文字は区別されません。)